大阪・京都・神戸
映像制作
記録ビデオ撮影
ナレーションは
MOVIE7に
お任せ!

MOVIE7

menu

私とピアノの話。その1

ピアノの発表会の記録ビデオ撮影、写真撮影を営業担当をさせていただいているので、昔習っていたピアノのこともいろいろと思いだすようになりました。

 

 

きっかけは・・・裕福な家庭じゃなかったけど、近所の子らがつぎつぎピアノを始めたので、私もたぶん習いたい、って両親にお願いしたんだと思います。

3軒先の向いにピアノの先生がいらっしゃったんです。

たしか小学校1年の時から6年生までその先生にならいました。

今思い出すと顔から火が出るほど恥ずかしいコトをいっぱいしてました(汗)

 

①レッスンに行ったら開口一番、爪を切りなさいと言われた。

家でちゃんと練習している子は爪なんて伸びないのよ、と言われました。私は練習をしなかったので、しっかり伸びてた(涙)

 

②新しい課題曲、両手で弾いてくるように宿題が出ていたのに、こっそり「みぎて」と鉛筆で書いた。それも先生の筆跡を真似て。

右手だけ練習してきなさいね、と言われたときは、「みぎて」と書いてくれるんだけど、たいてい「りょうて」で弾けることが宿題になる。でも練習してなくて弾けないから、こっそりと、さも先生が書いたように「みぎて」と書いて、右手だけ練習していった。(恥)

 

③合格もしてないのに、先生が電話とかで席を外した瞬間に、合格したら押してもらえるミッキーマウスのハンコを勝手に押した。

 

これに至っては、もう犯罪の域!完全に逮捕やな。

この後どうなったか、私は覚えていません。右手の件もハンコの件も先生は絶対気付いていたと思うけど、それについては何もおっしゃらなかったような・・・もしくは私の記憶から都合よく完全に消し去っているのかもしれません。恐るべし。

 

とにかく練習嫌い。母にも「30分くらい練習しなさい!」とやいのやいの言われて、こっちはドラえもんが見たいねん!と悪態をつきながら、なんでドラえもんの30分は短いのにピアノ練習の30分は気が遠くなるほど長いんやろう、と思っていました。

 

今、発表会に行かせていただきながら、堂々とめっちゃくちゃ難しい曲を弾いている子供たちを見ているとほんと天才やな、と思う。ドラえもんみたくなったりせーへんの?何時間くらい練習するん?て聞きたくなります。

 

あと親御さんの努力。子供さんのモチベーションをあげるためにいろいろと言葉がけを考えていらっしゃるのだと思います。子供もすごいけど親もすごい。

 

これをお読みになったピアノの先生、こんなアンチピアノな業者に任せられるか!って申し込みを辞めたりなさいませんよね?これはもう時効ですからね(^^♪

それと、今は「もうちょっと一生懸命やってたらなぁ・・・」って後悔してます。

 

 

ピアノネタ、また書きます(笑)

 

MOVIE7 麻宮

TOP